ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

おいしいオーストラリアワインおすすめネット通販ランキング

私が大学を卒業するころは、
卒業旅行・新婚旅行ともに人気ナンバーワンだったオーストラリア。

日本の21倍、世界で6番目に広い国土は島ではなくオーストラリア「大陸」。
自然豊かなその国土とコアラのイメージが相まって、
とっても穏やかで自然のあふれた国という印象が強いオーストラリア。

そんなオーストラリアは安くて美味しいニューワールドワインの秘めた魅力とはでもご紹介したとおり、
アメリカ・チリとほぼ同じくニューワールドワインの生産・輸出国として台頭してきています。

オーストラリア産牛肉のオージービーフは良く食べるけど、
オーストラリア産ワインはあまりピンとこない方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、
フランス・イタリアなど古い歴史を持つオールドワールドと対比されるニューワールドワイン。
その中でも勢いを伸ばしているオーストラリア産のワイン。

では、その魅力とは何なのでしょうか。

1)ブドウ造りに適した気候と土壌
オーストラリアワインの多くは南部で作られていますが、特に南東部と南西部は土壌は石灰質で水はけも良く地中海性気候に恵まれているためブドウ造りに適しています。

2)安定した品質
広大な敷地と安定した気候で不作・豊作のばらつきがあまりないため、
比較的安定した生産量と品質を保っています。

3)最先端の生産技術
これはニューワールドワイン全体に言えることですが、
オールドワインが厳しい法律にのっとった歴史ある製法を保っていますが、オーストラリアワインは歴史が浅い分そういったしがらみがないため自由な発想で最先端のワイン醸造技術を取り入れています。

4)ブドウ品種「シラーズ」のワインが有名
オーストラリアでは「シラー」と呼ばれるようですが、
シラーズとシラーは同じ品種です。
強いタンニンと濃厚でスパイシーなインパクトのあるワインが特徴のシラーズ。
温暖な気候をよく好むためオーストラリアの気候が適しています。

 

以上のような特徴をもったオーストラリアのワイン。
最近は店頭で見かけることが多くなりましたが、
まだまだ種類は少ないのが現状。

そこで、
今回もネット通販で入手可能な美味しいオーストラリアワインをランキング形式でご紹介したいと思います。

 

【4位】白:ドメーヌ シャンドン シャルドネ

ドンペリを手掛けるワイナリー「モエ・エ・シャンドン」が手掛けるオーストラリアワインの白。
上品で穏やかな酸味としっかりとした果実味。
新鮮な白桃やグレープフルーツの香りが特徴です。

 

【3位】スパークリングワイン:シャンドン ブリュット

先ほどと同じく「モエ・エ・シャンドン」が手掛けるオーストラリアワインのスパークリングワイン。
「モエ・エ・シャンドン」のスパークリングワイン「モエ・エ・シャンドン」よりも安価なのでお手ごろ価格なのでお得ですよね。
シャンドン ブリュットの口コミ・実飲レビューも是非ご参照ください

 

【2位】赤:グレッツァー・アモンラ・シラーズ 2012

オーストラリアのヴィンテージワイン。
シラーズ100%のフルボディは濃厚でスパイシーな果実味をまろやかにしたコク。
リッチで複雑な味わいが特徴です。

 

【1位】赤:ペンフォールド グランジ 2002年

オーストラリアワインの有名ワイナリー「ペンフォールド」の最高峰。
ブドウ品種はシラーズ99%、カベルネ・ソーヴィニヨン1%を使用し、ホワイトオーク樽で17ヶ月熟成させたこの味はオーストラリア人のみならず世界中のソムリエを魅了しているオーストラリアワインを代表する高級ワインです。

 

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

オーストラリアワインの魅力とともに、
お勧めのワインをご紹介いたしました。

最後にご紹介したワインは高価なワインでしたが、
オーストラリアワインを極めるなら一度は飲んでほしい逸品です。

以上、
川村でした。

日, 6月 14 2015 » ニューワールドワイン, ワイン, 通販

コメントを残す