ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

アウトドア向き→おいしいペットボトルのおすすめワイン

暖房の効いた部屋から外を眺めると、
今にも雪が降りそうな曇天。

外に出るのもおっくうになるほどのこの寒空を眺めながら、
相次ぐ大雪のニュースが飛び交う中、
私たちは昨日も今年のキャンプやバーベキューの日程を着々と決めていたので、
気分はすでに春。

一歩外に出れば現実の寒さを痛いほど感じるのですが、
そうはいっても後一か月ちょっと、
4月になれば春。

行楽シーズンの到来でございます。

毎回この記事を書くのがそんな行楽シーズンの最中に書くことが多いので、
記事が読まれる頃にはすでにシーズンが過ぎてしまっているので、
今回は先取りしてアウトドア向きの記事を書かせていただきたいと思います。

というのは、
完全にこちら側の都合なのですが、
キャンプなどアウトドアの予定を今から立てる方も多いのではないかとも思いますので、
是非参考にしていただければ幸いです。

アウトドアに関する記事については、
BBQにも最適!美味しいボックスワインのオススメ通販
高級食材で差をつけるバーベキュー食材お取り寄せ
BBQで絶対盛り上がる!変わり種バーベキュー食材特集
お花見にも最適!紙パックで美味しい日本酒通販ランキング
もおすすめなので一度覗いてみてください。

さて今回は、
そんなアウトドアで毎回テーマとなるのが、
持っていく食材や飲み物。

おいしい食材と、
おいしいお酒を飲みながら自然を満喫するというのは至福の時間なのですが、
その中でいつも付きまとうのは、
持っていくものはなるべくかさばらず、
そしてなるべく軽く、
というのが望み。

沢山持っていきたいという気持ちと、
なるべくかさばらず軽くしたいという思いの葛藤が毎回テーマになります。

特に、
私のようなワイン好きにとって、
あの瓶に入ったワインを持っていくのも重いしかさばります。

そこでおすすめしたいのが、
ペットボトル入りのワイン

以前おすすめの缶入りワインをご紹介したことがありますが、
アウトドア先進国のアメリカなど海外では結構人気があるといいます。

ただ、
缶入りワインは飲みきりサイズなので、
一度開封したワインをまた翌日に飲むということはできません。

だけど、
ペットボトル入りのワインなら、
一度開栓して飲み残したとしてもふたを閉めればまた翌日でも飲むことができるので無駄がないとも言えます。

ペットボトルは意外と瓶に比べて気密性が低く、
外気との接触が少しだけあるためお酒を入れる容器には適していないといわれていたのですが、
今回ご紹介するペットボトルのワインは、
内側に特殊なコーティングをするなどして工夫をすることで気密性を向上させているようです。

さすがに瓶ほどの長期保存は適していないので、
開栓後はなるべく早めに飲んだほうが良いとのことですが、
飲み残しも保存できるのもうれしいですよね。

かといって、
おいしくなければ意味がない!ということで、
今回はおいしいペットボトルのおすすめワインをご紹介させていただきます。

 

■サントリー デリカメゾン

 

人気のサントリーのデリカメゾン。
よくスーパーでも見かけますよね。
すっきり飲みやすくてまさにアウトドアに最適。

白やロゼもあります↓
サントリー デリカメゾン フルーティな白 720mlペットボトル
サントリー デリカメゾン ロゼ 720mlペットボトル

■カリフォルニアワイン フランジア

 

こちらもコンビニでもよく見かけますね。
ペットボトルのカリフォルニアワインといえばほかに、
セブンイレブンの「ヨセミテ」と「カルロロッシ」がありますが、
私はこのフランジアのほうが果実味がしっかりしていて、
それでいてフレッシュ感もあり飲みやすいので好きです。

こちらも白とロゼがあります↓
フランジア ロゼ 720mlペット【カリフォルニアワイン】
フランジア 白720ml ペット【カリフォルニアワイン】

■アサヒ サントネージュリラ スパークリング

 

ペットボトルのスパークリングワイン。
持ち運びも簡単だし大層な開栓もしなくても良いのでお手軽にスパークリングワインが楽しめます。
グラスに入れなくてもペットボトルの口からそのまま飲めますので、
ここまでくるとただの炭酸ジュースですよね。

味のほうは、
ちょっと酸味強めです。

 

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

こうしてみると、
価格帯も抑えめで、
ブドウの品種などにこだわったワインはなさそうですね。

これからこのペットボトルのワインの需要がさらに増えれば、
技術もさらに向上し、
ペットボトルワインのヴィンテージなんかが出てくるかもしれませんね。

 

 

以上、
川村でした。

火, 2月 14 2017 » 未分類

コメントを残す