ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

バーベキューに最適!なおすすめジビエ肉のお取り寄せはいかが?

この3月になると、
天気予報と一緒に桜の開花宣言が次々と出されて、
そんな話題を聞くと晴れやかな気分になりますよね。

私の自宅近くには大きな公園があって、
桜の木も沢山ありますのでこの時期はワッと桜が満開になりますので楽しみにしております。

さて、
そうなるとそろそろこの時期ですよね。

BBQ!
バーベキューの写真

そう、
先ほど言いましたように私の自宅近くには大きな公園があるのでそこでバーベキューが手軽にできることもあり、
何を隠そう私はバーベキューの大好き人間なのです。

美味しい肉と魚介類を炭火でいぶし、
こんがり焼きあがった食材とともに、
暖かい昼間からビールを飲みながら会話を楽しむ。

そして一通り食べ終わった後にはすぐそばの公園で体を動かす人、
そしてその様子を見ながらビールを飲んで応援する人、
そしてまたその様子を眺めながら網の上で飲み食いを続ける私。

そんな雰囲気が私は大好きなのです。

とは言っても、
毎月となると同じ食材ばかりでは飽きてくるので、
高級食材で差をつけるバーベキュー食材お取り寄せ
BBQで絶対盛り上がる!変わり種バーベキュー食材特集
でご紹介したように色々趣向を凝らした食材を考えます。

 

そこで今回も、ちょっとした差をつける意外な食材として、
ジビエ肉をご紹介したいと思います。

ジビエ(仏: gibier)とは簡単に言うと、
狩猟によって食材用に捕獲された野生動物

例えば、
シカとかウサギなど。

ジビエはヨーロッパでは伝統料理として昔からある食材ですが、
今まで日本ではあまり発展しなかったようです。

その理由としては、
・肉が固い
・臭みがある
・癖のある味
というのが大きな理由であったようです。

しかし、
最近ではジビエの肉を美味しく調理する技術も発達していますし、
脂肪が少なく栄養価が高いので健康にも良いということで人気が出てきています。
(詳しくは野性味あふれるおすすめジビエ肉を自宅にお取り寄せをご参照ください)

つまり、
ジビエ肉は野性味あふれる食材なので、
同じく野生味あふれる雰囲気を味わうバーベキューで使用する食材としてはぴったり!
しかもインパクトもありますので話題作りにもなりますよね。

そこで今回は、
ネット通販でお取り寄せ可能な、
バーベキューにぴったりなお勧めのジビエ肉をご紹介したいと思いますので、
皆さん最後まで楽しんでご覧になってくださいね!

 
注:ジビエ肉は寄生虫が寄生している可能性もあるため以下の注意点は必ず守ってください。
①必ず中まで火を通す。
②使った器具はしっかり消毒する。
バーベキューは衛生管理がおざなりになりがちですが上記2点だけは必ず守ってください。
 

猪肉:肩ロース・モモ・バラ(計300g)

冬はぼたん鍋として重宝される猪肉。
牛肉より低カロリーと言われる豚肉より、
さらにヘルシーと言われる猪肉。
肉質はちょっと固めですが噛めば噛むほど肉の味がジュワッと染み出てきます。

今回は肩ロース・モモ・バラ合わせて300gなので、
それぞれの味の違いを楽しんでいただけるかと思いますよ。

 

猪肉:ウィンナー(6本入り)

猪の肉といえばこちらのウィンナーも食べごたえがあって美味しいです。
噛んだ時に出てくる肉汁と、
あらびきの肉の食べごたえが普通のウィンナーと違い新鮮食感です。

 

シカ肉:ロース ステーキ200g

シカ肉も人気ですよね。
たんぱく質は牛肉・豚肉の二倍、
鉄分は3倍ということで栄養たっぷり。
今回はご紹介したのはスライス済み・調理済みですので、
準備も不要で簡単ですよ。

 

きじ肉:モモ・ムネ(600g)

あまりなじみの無い「キジ」肉ですが、
やわらかく甘みとこくが人気の食材です。
塩コショウを振って焼き上げると、
鶏の焼き鳥よりも美味しいですよ!

 

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

見た目のインパクトはそこまで強くないかもしれませんが、
食べてみると違いがわかると思います。

今回ご紹介した中で、
一番のお薦めはキジ肉ですかね。

普通の焼き鳥かと思いきや・・・って感じで。

一度お試しくださいね。

以上、
川村でした。

木, 3月 24 2016 » お取り寄せ, バーベキュー食材

コメントを残す