ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

人気のおすすめ熟成肉をネット通販お取り寄せ

ゴールデンウィークを控え、
お出かけの予定を立てている方も多いのではないでしょうか。

私は先週の土曜日に遠方まで出かけて行ったのですが、
どこに行っても渋滞でストレスが溜まりまくったので、
渋滞必至のゴールデンウィークは自宅近くでのんびり過ごしたいなぁと思ってますけど、
多分無理だろうなぁ( ̄。 ̄)

さて、
当サイトではそんな行楽シーズンを前に、
おすすめのおいしいバーベキュー食材をネット通販お取り寄せ
バーベキューを極める!めちゃ旨BBQのお肉おすすめ通販特集
高級食材で差をつけるバーベキュー食材お取り寄せ
BBQで絶対盛り上がる!変わり種バーベキュー食材特集
といったバーベキューの特集を組んできました。

バーベキューが大好きな私の独断と偏見の記事なので、
参考になるかどうかの判断は読者の方にお任せいたしますが、
この時期が一番お肉の消費量が倍増する私にとって、
お勧めのお肉「熟成肉」をご紹介したいと思います。

熟成肉は2014年に話題沸騰でテレビや新聞・雑誌といったメディアなんかでも良く取り上げられて一躍ブームとなりましたが、今も根強い人気があります。

熟成肉焼き立て

ただ熟成肉というと、
「腐った肉」と直球で解釈されて敬遠されている方もいるかもしれませんので、
今回は熟成肉について詳しく掘り下げるとともに、
宅にお取り寄せできる美味しい熟成肉をご紹介したいと思いますので、
皆さん最後まで楽しんでご覧になってくださいね。

 

熟成肉ってぶっちゃけ何なのか

熟成肉というと簡単にいうと腐った肉なんでしょ?なんて言う方もいますが、
腐るというのはお肉に微生物が付着し分解が進んだ状態。

そのためお肉をそのまま常温で置いておくと、
いづれ腐ってきます。

なので、
専用の冷蔵庫で0~4℃、湿度は80%前後に保った状態で風を当て続けます(約1カ月間)
そうすることで微生物の浸食を防いだ状態で、
お肉の中の酵素の働きでお肉のたんぱく質がやがてペプチドやアミノ酸といったうまみ成分に変わりますので、
脂が多い霜降り肉より赤身肉の方が適しているのです。

要するにお肉の赤身本来が持つ力を引き出し旨みを強めたのが熟成肉というわけなのです。
熟成肉

 

熟成肉の種類と特徴

「熟成肉」と一言でいっても、
肉の熟成方法には大きく分けて二つの方法があります。

 

■ドライエイジング

実は先ほどご紹介した方法はドライエイジングの手法で乾燥熟成(DAB)とも言います。
お肉を専用の冷蔵庫で0~4℃、湿度は80%前後に保った状態で風を当て続けます(約1カ月間)
そうすることで微生物の浸食を防いだ状態で、
お肉の中の酵素の働きでお肉のたんぱく質がやがてペプチドやアミノ酸といったうまみ成分に変わり、
肉質は柔らかく凝縮された肉の旨みが特徴。

ただし、
この手法は熟成させる間、お肉の管理にコストもかかり
熟成させた後も表面はカビが生えて乾燥して硬くなった部分をそぎ落とすので内部の60%程しか使用できません。

そのため歩留まり(食材全体に対して商品として使用できる割合)が悪い為価格が高くなりがちです。

 

■ウェットエイジング

バキュームエイジングともいいます。
上記の工程は踏まず真空パックでお肉を包み
1カ月くらい放置したお肉のこと。

ドライエイジングに比べて簡単に作れる為お求めやすいお値段なので、
「熟成肉」といえばこの手法が多いようで、大手外食チェーンなどでもこのウェットエイジングの手法で作られたお肉を「熟成肉」として提供しています。

この方法だと手間もかからず歩留まりもよいので安価
それでいて柔らかい肉質のお肉に仕上がるのが特徴ですが、、
肉の旨みという面ではドライエイジングに劣りがちです。

補足として、
日本では似たような手法で「枝枯らし」があります。
「枝枯らし」っていうのは、
枝肉(骨の付いたまま内臓や四肢・頭を取った状態の生肉)を吊るして1,2週間程放置すること。
まぁこの枝枯らしは硬直した肉を柔らかくするために行っていた工程なのでちょっと意味合いが違いますけどね。
だけどその間にお肉の旨みを引き出してくれる最近のおかげでお肉の旨みやコクが増すという特徴があって、
チーズや納豆と同じような感じ。
ただ全てのお肉に対してこの工程があるわけではなく最近はこの「枝枯らし」を行わない精肉業者が増えています。

どちらにしても、
熟成肉は「腐りかけの肉」とは別物だということを理解しておく必要があります。

日本では特に熟成肉の明確な定義が無く、
単なる腐りかけの肉を「熟成肉」として提供しているところもあると聞きます。

消費者としては「熟成肉」と一言で言っても、
ドライエイジングなのか、
ウェットエイジングなのか、
はたまた単なる腐りかけなのか、
きちんと理解して購入することが大切です。

特にネット通販を利用される方はそのあたりのことをしっかり理解して購入しましょう。

 

人気の熟成肉をネット通販お取り寄せ

さて、
熟成肉についてある程度知ったところで、
ネット通販でお取り寄せできるおすすめの熟成肉をご紹介いたしますよ。

■ドライエイジングビーフ サーロインステーキ

 

国産のサーロインステーキを乾燥熟成させたドライエイジングの熟成肉。
2枚(約400~450g)入ってこの価格はさすがに高価ですが、
一度はお試しいただきたいお肉の旨みがぎっしり詰まっています。
今なら肉の旨みを引き立てる岩塩も付いてきます。

 

■熟成牛とやまと豚の手ごねハンバーグ

 

さすがに先ほどの熟成肉は高価すぎるというあなたへはこちらがオススメ。
上記同様ドライエイジングによる熟成国産牛と豚の合挽き肉のハンバーグが1個(150g)入ってます。
豚との合挽きとはいえ熟成肉のうまみは十分堪能できますよ。
今なら4500円以上で送料無料のようです。

 

■ウェットエイジングビーフ サーロインブロック

 

ウェットエイジングの熟成肉。
お肉はアメリカ産牛肉を使用していますが、
サーロインブロック1Kg入ってこの価格は安い!
先ほどのドライエイジングの熟成肉に比べて断然の安さですね。

熟成肉の初心者の方は、
真空パックで衛生的ですしこちらからお試しになってもよろしいかと思います。

 

■ドライエイジング ラム肉

 

熟成肉は何も牛肉だけではありません。
羊や鹿といったジビエ肉は脂が少なくたんぱく質も多いので、
熟成させると驚く程柔らかく旨みが増します
4日間のみのドライエイジングですがそれでも柔らかく旨みは十分凝縮されています。

以上、
いかがでしたでしょうか。

 

単純に熟成肉といっても、
色々な種類があってそれぞれ長所短所があるので、
そのことを理解してお取り寄せするようにしてください。

 

 

以上、
川村でした。

金, 4月 22 2016 » お取り寄せ, バーベキュー食材, 通販

コメントを残す