ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

今や鍋の王様!美味しいあんこうのオススメ ネット通販お取り寄せ

私が社会人になってすぐのころは関西に住んでいたのですが、
もう20年以上前のちょうどこのクリスマス前の時期、
その時あまりお金が無くて彼女とご飯を食べに行くといっても大したところに連れていく甲斐性もなかったので、
外食といってもとにかく安いところで済ませようとしていたことを覚えています。

寒いから鍋を食べに行こうということから鍋が食べれる居酒屋を探しつつ、
本当はフグのてっちりを彼女に食べさせてあげたかったのですが、
当然そんな高級鍋を食べさせるほどの経済力もなかった私は、
店員さんにおすすめしてもらったのがあんこう鍋

その時は、
フグのようにモチモチの白身魚で、
しかも安いですよ!と、
まるでフグの代用魚のように勧められ、
私が世間知らずだったこともありますがあまり聞きなれなかったあんこう鍋。

だまされたと思って、
勧められるままに注文してみて食べたところ正にフグのような弾力のあるモチモチした食感
そしてクセのない淡泊な味はフグと同じ、いやフグ以上じゃないかと思ってしまったことを今でも覚えています。

その割に、
その時はフグ鍋の半額以下の価格であったんじゃないかと記憶しています。

あんこうというと、
深海魚で頭の上に提灯のような発光体がぶら下がっていて、
見た目がグロテスクな魚っていうイメージしかなかったのですが、
安い割にはおいしい魚があるもんだな、とその時の彼女と舌鼓を打ったことを思い出します。

ところが今では、
西のフグ、東のアンコウといわれるくらいの高級魚に数えられるようになってしまいましたよね。

特に、
グロテスクな外見とは裏腹に、
「食べられない所がない」といわれるほど、
どこを食べてもおいしいのがあんこうの魅力。

今回はそんなあんこうの魅力に迫るとともに、
美味しいあんこうをお取り寄せできるショップをご紹介いたしますので、
皆さん最後まで楽しんでご覧になってくださいね!

 

あんこうについての予備知識

ここでは予備知識としてあんこうについての生態などについてご紹介します。

 

■あんこうの種類

あんこうは200種類以上が存在し、
実際食用として食べられるのはそのうちの2種類、
・キアンコウ
・クツアンコウ
のみ。

だから提灯を頭の上に有して照らすチョウチンアンコウは食用のあんこうとはまた違うみたいですね。

また、
この2種類の内、
キアンコウのほうがクツアンコウよりおいしい為、
高級で値段が高く取引されるようです。

またその中でも食されるのはメス
オスの方は小ぶりな為あまり好まれません。

 

■あんこうの旬

あんこうの旬は12月~2月
それ以外は味が落ちるのであまり流通しませんが、
今では冷凍やレトルトパウチの技術が発達しているので、
夏場でも食べることはできます。

ただ、
現在もあんこうの養殖は確立していないようなので、
新鮮なあんこうを食べるにはやはりこの旬の時期が一番お勧め
正に冬の鍋の為に生まれた魚(?)なのでしょうかw

 

■あんこうの主な産地

先ほどお話ししたように「西のフグ、東のアンコウ」といわれるくらいだから、
産地は東の方ばかりかと思いきや、
意外と西側でも取られているようです。
特に山口県下関産はフグと同様日本一の漁獲量を占めています。
・福島県いわき産
・山口県下関産
・熊本県天草産

最近は需要の増加で価格が高騰してきており、
そのため中国からの輸入ものも多く出回っています。

味は少々劣るようですが、
家庭でお手軽に鍋をする分にはそこまで気にするほどではないようですよ。

 

美味しいあんこうのオススメ ネット通販お取り寄せ

それでは、
予備知識をお伝えしたところで、
おすすめの美味しいあんこうのネット通販お取り寄せをご紹介いたしますので、
是非最後まで見ていってくださいね!

 

■あんこう鍋セット1.1kg(4~5人前セット)

 

日本海島根県産の国産あんこうを、
・白身
・あん肝
・皮
・あら
合計1.1kg入っています。

更にストレートつゆもついてこの価格!なのでとってもお得ですよ。

 

■水揚げ当日発送!鮮度抜群あんこう5kg

 

1尾が約5Kgの大型あんこうを一尾そのまま、
しかも水揚げ当日の発送なのでこの上なく新鮮ですよ。

ご自分流にさばきたいかたは「一本そのまま発送」
あらかじめプロに捌いておいてほしい方は「さばいて発送」
選ぶことができますので、
お好みでどうぞ。

 

■あんこう唐揚げ200g×3

 

ぶつ切りにした白身に唐揚げ粉を付けた状態で冷凍。
なので油で揚げるだけの簡単調理です。
200gを3パックに小分けにしていますので、
少しずつおつまみとしても食べることもできますよ。

 

■あん肝ポン酢150g

 

柔らかくてきめ細やかな食感、
そして濃厚な味わいはまるで海のフォアグラといわれるのも納得のおいしさ。

冷凍のあん肝の塊150gと、
特製ポン酢がついてきます。

もちろん、
あん肝はあん肝ポン酢のみならず、
てんぷらやソテーにしてもよく合いますので、
お好みで調理してください。

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

あんこうは今やフグに負けるとも劣らない鍋の王様。
この時期だけ楽しめる冬の限定の味覚でもあります。

人気があるので乱獲されて、
ホッケのように更に高値になることだけは勘弁してもらいたいですよね。

 

以上、
川村でした。

土, 12月 23 2017 » お取り寄せ, 冬の食材

コメントを残す