ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

勝沼ワイナリーの通販オススメランキング~本当においしい国産ワイン特集

山梨県の勝沼町に入ると心なしか葡萄の香りが漂ってくるような気がしてきて、
国道411号線を車で走らせているとその香りも確かなものになってきます。

それもそのはず。

国道沿いから見える葡萄畑は江戸時代から続く歴史あるブドウ品種「甲州」の葡萄畑。
葡萄造りに適した土地とはいえ、国産ワインの4分の一がここ勝沼で生産されているというから驚きです。
そしてそのすぐそばに山梨県最大のワイナリー、
勝沼ワイナリーが葡萄の香りとともにその存在感を見せています。

勝沼ワイナリーといえば、
キッコーマン傘下のマンズワイン最大の生産量を誇るワイナリーなのですが、
甲州種を使った独自のワインも多数生産していて、
それは前回ご紹介した国産ワインコンクールを受賞したワインもあり、
とても高品質なのに安い!

本来であれば、
この勝沼ワイナリーに行って、
ワイン工場見学→ワインの試飲→おいしかったワインをお土産に購入、
っていうのがお勧めなのですが、
ここまで足を運ぶのが困難な方もいらっしゃるでしょうから、
当サイトでは通販で買える勝沼ワイナリーのオススメランキングをご紹介したいと思います。

これを飲みながら、
勝沼のブドウ畑を想像していただければと思います。

と、その前に、
日本国産ワインの代名詞ともいえるブドウ品種「甲州」

簡単にどういった品種なのかをご紹介したいと思います。

日本を代表する葡萄「甲州」種とは

時代は江戸時代までさかのぼりますが、
葡萄造りに適した気候と土壌を持った山梨県の勝沼では明治時代からこの甲州種のブドウを使ったワインづくりを手掛けますが、
品質の悪いものが出回りあえなく失敗します。

しかし、
一度は失敗に終わった甲州種のワインづくりは、
品種改良など品質を向上させ、
2010年にはOIV(ブドウ・ワイン国際機構)に登録されるまでになりました。

いままでは、
外国産(カベルネやメルローなど)のブドウを栽培したり、
外国から輸入した葡萄を使って作ったワインなど、
とても「日本産」の存在感を示すことができなかったワイン業界でも、
日本独自のワイン葡萄品種をアピールすることができるようになったのです。

味わいは、
「あっさりとしていて辛口、それでいてまろやか」な後味と称されています。

さて、
それでは勝沼ワイナリーのオススメワインをご紹介いたしましょう!

 

3位:勝沼の甲州

甲州の良さを引き出したすっきり辛口。
ほのかに漂う柑橘系の香りが魚料理などの和食ととっても合います。
美味しんぼでも紹介されて一時期話題になりました。

 

2位:BROCAD甲州勝沼ボトル

こちらも美味しんぼの80巻で紹介されたことで話題となりました。
勝沼ワイナリーボトルとは勝沼ワイナリークラブの厳しい審査が通ったワインの証。
辛口白ワインですが、
甲州種ならではの控えめな味わい。
パンチが強すぎないのがやっぱり日本人向けですよね。

 

1位:勝沼甲州シュール・リー

国産ワインコンクールのみならず、
アジア最大のワインコンクール「ジャパンチャレンジ」も銀賞受賞した実力派。
発酵後のワインをそのまま寝かせて瓶詰めした昔ながらのシュール・リー製法の白ワイン。
淡麗辛口の甲州ならではの邪魔にならない味わいは、
和食のみならず、
魚料理全般に合うのではないでしょうか。

 

 

以上となります。
今回も厳選して3種類ご紹介させていただきましたが、
どれも1,000円台で手に入るので、
高品質なのにリーズナブルなのも魅力ですよね。

国産ワインは各メーカー力を入れ始めているようなので、
来年あたり、
国産ワインブームが来るのを楽しみにしています。

以上、
川村でした。

お求めの国産ワインが見当たらなかった方は↓

その他のお酒 ブログランキングへ
↑もお得情報たくさんありますよ

金, 11月 28 2014 » ワイン, 日本ワイン, 通販

コメントを残す