ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

夏にひんやり~冷たいおつまみのネット通販お取り寄せ

いやぁ、
毎日暑いですね。

昔はやせ我慢で暑くてもクーラーをつけずに、
扇風機でやり過ごしていたのですが、
何をするにも効率が悪くなるので、
最近はそんなことで我慢せずに効率重視で昼間からクーラーをつけるようにしています。

しかも、
短時間でケチケチとクーラーをつけたり消したりするよりも、
つけっぱなしのほうが電気代が安くなるとか、
そんな話もあるくらいですからね。

どちらにしても、
無理はするなということですよ。

ほどほどで行きましょう。

だけど、
仕事のここ一番の時には無理をしなければいけない時もあるわけですが、
その後にはたっぷりと体をいたわってあげる時間も必要ですよね。

私にとって、
そんな自分をいたわるのに一番のアイテムが、
冷たいビールとおいしいおつまみ

これまで、
イカを使った酒のつまみ 人気のおすすめお取り寄せなど、おつまみについての記事も沢山書かせていただきましたが、
今回はこの暑い夏にぴったりのひんやり冷たいおつまみをご紹介させていただきますよ。

 

■努努鶏 冷やして食べる手羽中

 

秘密のケンミンショーなど、
メディアでもよく紹介されていました。

鶏の旨みが詰まった手羽中を、
甘からダレを絡めた衣で揚げていますが、
アツアツのままで食べるという常識を覆し、
あえて即冷凍し、
凍ったまま食べるというスタイル。

これが意外や意外、
よく合うんですよね。

しかも味付けが甘みとピリ辛加減が絶妙で、
食感はカリカリサクサク。

これを食べてから手羽中は凍らせたまま食べてもおいしいんだと思って、
自分で作った手羽中の唐揚げを凍らせて食べてみましたがまるでおいしくないw

やっぱりこの味付けと、
食感は計算されたものなのでしょうね。

 

■冷やしぽんじり

 

ぽんじりは鶏のしっぽに当たる部位
脂がのっていて柔らかくておいしいのですが、
一羽からとれる量はわずかの為希少部位という位置づけ。

その希少な部位を、
甘辛醤油ベースで焼いています。
こちらも冷たいままのほうがおいしく食べれるように味付けされていますので、
決して温めないでくださいね。

 

■ほたての冷燻

 

冷燻というのは20℃以下の冷たい煙を吹き付け続け
表面は燻製らしい香ばしい風味が付き、
内面は旨みが閉じ込められてジューシーで柔らかい食感が特徴。

冷燻としてはサバやサーモンもありますが、
私がおすすめなのはこのホタテの冷燻。
肉厚な食感と甘みを感じる旨みはいぶされた香りとよく合うんです。

もちろん冷たいままで、
ワインでもよし日本酒でもよし、
ゆっくりと飲みながらじっくり味わいたいものです。

 

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

温めてもおいしそうなものもありましたが、
逆に温めるとおいしさ半減という声もあり、
今回ご紹介したおつまみは冷たいまま召し上がっていただくのが賢明でしょう。

これからの時期、
お中元ギフトとしてもおすすめですよ!

 

 

以上、
川村でした。

金, 7月 21 2017 » おつまみ, お取り寄せ

コメントを残す