ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

安納芋の安くて一番美味しい食べ方は?

秋の季節になってくると美味しい果物ってたくさんありますよね。
私が好きなのは焼きイモ!特に安納芋が大好物なんです。

今月はそんな安くて美味しい秋の味覚をお得にネットショッピングできる品をご紹介したいと思いますよ!

昔やきいもというと焚火の中に入れたサツマ芋をしっかり焼いて、バターを付けて食べていましたが、
そんな手を加えるのがもったいないのが安納芋

私はこの安納芋を初めて食べた時は衝撃でしたよ。
私が今まで食べてきたサツマ芋とはわけが違う。
もちろんサツマ芋はサツマ芋で、炭でしっかり焼いて焦げ目がついた皮をはいだ時のふんわり感とそれを口に入れた時のホクホク感は絶品なのですが、

この安納芋っていうものは、
中身自体がクリーミー
サツマ芋の筋っぽさが全くないんです。

まずここから衝撃を受けました。

そしてそれだけではなく、
まるでバターを塗った後の様なしっとり感が口の中に広がります

それからアツアツの舌が感じ取る糖度はなんと40%
生の時点で16%程の糖度があるというのですからこの時点でサツマ芋の焼きイモ並み。
40%の糖度というと・・・すでにスィートポテトの様なんです。

これを食べた時私はバイヤーとしてぜひこの安納芋を取り扱ってもらえるよう上司に必死に稟議したものです。

食べたことがない方にはぜひこの旬の時期に食べていただきたいです。

また、食べたことのある人はこの旬の時期に食べてほしいです。
というのもこの安納芋は生で冷凍保存すると傷み安いので旬の時期を過ぎると調理したものが主流になってきます。

その期限1月ま

まぁそれ以降でも、今の保存技術で充分低温保存されるんでなくなることはないですけどね。
でもせっかくなら旬のものを旬の時期に食べるのがグルメってもんですし、
保存に手間をかけていない分お安く手に入りますよ

そして、
最後にはあのローソンから新発売の安納芋まん実食レビューを追記しておりますので、
是非最後までご覧になってくださいね。

 

ということで、

種子島直送安納芋最安値はこちら

安納芋(安納紅)5kg 鹿児島種子島産 送料無料

安納芋(安納紅)5kg 鹿児島種子島産 送料無料
 

→安納芋の中でも安納紅という種類になります。

ちなみに「安納こがね」という種類もありますが味はほぼ一緒です。

安納芋をすぐ食べるならいいのですが、
冷蔵庫などで保管するなら9℃以上にしないと傷んでしまいます。
なので、
農家の方もお勧めするのが、
一度焼いてから冷凍して保管する方法。

それが、
↓の商品につながるわけです。

 

安納芋の美味しい食べ方調理済

安納芋はもちろんそのまま焼き芋にしても美味しいですし、

あまり手を加えず素材の味を味わった方が良いのは良いのですが、

はなまるマーケット」などで紹介されていた安納芋が話題になっていましたのでご紹介します。

焼き芋って焼いたものをそのままアツアツのまま食べるのが普通ですが、

実はその芋を冷凍、
しかも瞬間冷凍をし、解凍されたものが絶品のとろけるような甘さと食感が味わえるんです。

そこに目を付けた「冷やし芋」という商品。

これがテレビで紹介されてからバカ売れしたということなんです。

それが↓
↑最安値↑

食べたい時に食べたい分だけレンジでチンしてもよし・・・
冷凍のままペースト状にしてジェラート風にしてもよし・・・
サラダに混ぜてもよし・・・

いろんな使い方が出来るから、ご自身にあった安納芋の食べ方をお試しいただければと思います。

 

ローソンで安納芋まんを食べてみた!

10月21日から発売された安納芋まん。
早速食べてみましたよ。
定価は税込138円とのことでちょっと高めですが、
それでも安納芋を使っているならそれくらいの価格は当たり前。

安納芋まん

 

 

 

 

 

安納紅の実をほうふつとさせる薄紅色の皮。

 

安納芋まん二つ割り

 

 

 

 

 

二つに割ったらこんな感じ。
イメージ写真より中身が少なく感じますよね。
もう少し中の具を増やしてほしかった。
でも、ダイス状の大粒安納芋の実も見えております。

 

安納芋まん半分

 

 

 

 

 

半分食べてみましたが、
具は少ないように思えましたが、
安納芋の濃厚な味わいとねっとりとした食感はそのまんま。

食べごたえはありました。

ダイス状の安納芋が入っているおかげか、
安納芋の食感・甘みが損なわれることなくおいしく食べることはできました。

寒くなってきたら、
ホクホクの安納芋まんの暖かさと甘さが身体を温めてくれそうです。

 

以上川村でした。

 

水, 10月 9 2013 » 秋のグルメ

コメントを残す