ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

涼しい時期に味わって飲みたい・・・無濾過のクラフトビールおすすめお取り寄せ

5月に入って初っ端、
夏日が続いていたのでこれから暑くなるんだろうなと思っていたら、
天候が悪かったとはいえ昨日は寒いくらいでしたね。

暑い最中のビールと思い缶ビールを数本買ってきたのですが、
なんだか肩透かしでした。

まだまだ夏ご当地限定クラフトビールのおすすめお取り寄せの暑さはお預けということなのでしょう。

さて、
こんな暖かいけど夜になると寒くなるこの時期にお勧めのビールとして、
暑くない時期に飲みたい!ペールエールのおすすめクラフトビール ベストセレクションをご紹介しましたが、
お試しいただけましたでしょうか?
今回も、
今のような暖かい時期から梅雨の時期にかけて、
じっくりと味わって飲んでいただきたいクラフトビール「無濾過ビール」をご紹介したいと思います。

クラフトビールというのは
小規模のビール醸造所で作られるビールのことで、
地ビールとほぼ同義。
だけど地域振興の意味合いが強い地ビールより、
職人技が生きるこだわりのビールという意味合いで使われるクラフトビールは、
大手ビールが参入していることも考えると地域振興の意味合いとはちょっと違いますね。
詳しくはご当地限定クラフトビールのおすすめお取り寄せをご参照ください。

さて、
それでは「無濾過ビール」とは何なのか、
普通のビールとの違いと特徴を簡単にご説明しておきましょう。

 

無濾過ビールとは

一般的にビールは下のような工程を辿って製造されます。

① 大麦の種子から発芽させたばかりの「麦芽」を作る。

② 細かく砕いた麦芽に水や米・コーン・スターチ(でんぷん)などを混ぜることででんぷん質を糖分に変え、「糖化液」の状態にする。

③ ②で作った「糖化液」を濾過しホップ(ビールの苦み・香りを作る植物の毬花)を加え煮沸し「熱麦汁」を作る。

④ ③で作った「熱麦汁」を冷やし、酵母を加えて麦汁中の糖分をアルコール・炭酸ガスに分解させて「若ビール」を作る。

⑤ ④で作った「若ビール」を貯蔵タンクで約10日間熟成させる。

⑥ ⑤で熟成させたビールを濾過して缶または瓶詰。
※参考:ビール酒造組合「ビールの造り方」

余談ですが、
この工程のうち④で「熱麦汁」を冷やす際、
・上面発酵酵母を使いやや高めの温度(20~25℃)で発酵を行う醸造法を「上面発酵」
・下面発酵酵母を使い低温(6~15℃)で発酵を行う醸造法を「上面発酵」
といいます。

そして、⑥の工程で、
熟成させたビールを濾過せずに缶・または瓶詰したビールを酵母を濾過せずに作ったビール
すなわち「無濾過ビール」というわけです。

 

無濾過ビールの特徴

■無濾過ビールを飲む前に

無濾過ビールはそのまま濾過せずに缶・瓶詰するわけですから、
琥珀色の透き通ったビールではなく濁っています。

また、
ビール酵母はそのまま放っておくと沈殿しますので、
ゆっくりと揺らして撹拌する必要があります。

 

■無濾過ビールの良いところ

ビール酵母がそのまま入っていますので、
20種類のアミノ酸・10種類のビタミン・14種類のミネラル・食物繊維が入っているといわれています。
(参考:銀河高原ビール「無濾過ビールのポイント」より)

このおかげで、
クリーミーな泡立ちとまろやか味わい、
そして濃厚なコク・酸味を含んだフルーティな香りを引き立たせてくれるのです。

 

■無濾過ビールの悪いところ

活きた酵母がそのまま缶・瓶詰されているということは、
酵母による発酵進行中だということ。

そのため温度管理(約5℃前後)をしっかりしておかないと、
急激に味が落ちるので品質を保持するのが難しいのです。
また賞味期限が短いのも特徴の一つです。

 

無濾過のクラフトビールおすすめお取り寄せ

さて、
そんな無濾過のクラフトビールの魅力をご理解いただくと、
飲みたくなってきたのではないでしょうか?
それでは当サイトおすすめの無濾過のクラフトビールをご紹介いたしますので是非参考にしてくださいね!

 

■COEDOビール 白

 

滑らかな味わいとコクが特徴の無濾過ビール。
特選した酵母の働きが活きる、
優しい舌触りのビールなので、
ゆっくり味わって飲みたいものです。

 

■銀河高原ビール 小麦のビール

 

岩手県の地ビールメーカーで、
この名前を知っている方も多いのではないでしょうか。
「大麦麦芽」だけではなく「小麦麦芽」もブレンドして製造した南ドイツ伝統製法「ヴァイツェン」ビール
しかも素材にこだわり無濾過ビールなので自然派志向といえます。
クリーミーな泡と味わいが、
甘みさえも感じるほどに優しい口当たり。
コクと旨みがぎっしりと詰まった、
無濾過ビールの本流ともいえるでしょう。

 

■エチゴビール 無濾過ビールセット

 

新潟県の地ビールメーカーで、
1994年に全国第一号地ビールとして誕生した「エチゴビール」。
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今では多彩なクラフトビールを製造しています。

今回はその中でも、
ペールエール
スタウト
・ヴァイツェン
の3種類のビールを無濾過で瓶詰したものだけを2本ずつ計8本セットでお届けしてくれます。

一言で「無濾過ビール」といっても、
ビールの種類によって味わいはそれぞれ変わるので、
飲み比べてみたらとても面白いですよ。

 

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

最近は自然派志向ということもあり、
無濾過ビールは人気があるようです。

暑い夏を迎える前に、
ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

 

 

以上、
川村でした。

土, 5月 7 2016 » 地ビール, 通販

コメントを残す