ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

美味しいお茶漬けお取り寄せランキング

美味しいお茶漬けお取り寄せランキング

前回はお酒のつまみを特集しましたが、
今回はお酒を飲んだ後や夜食にも最適な美味しいお茶漬けをご紹介したいと思います。
昔はお茶漬けといえば永谷園のお茶漬けくらいしか思いつかなかったですが、
今はご当地の美味しいお茶漬けがレトルトや冷凍でお取り寄せできてご家庭で手軽に楽しめる。
これもネットショッピングの恩恵ですよね。

ただ、逆に数が多すぎて何が良いのかわからない、
届いてみて「なんじゃこりゃ!?」なんて代物も多いのも事実。

そんなことが無いよう、
実際のレビューを参考にしながら、
お酒の締めを彩る
また夜食にも最適なお取り寄せのレトルト茶漬けをご紹介させていただきたいと思います。

また、
高級お茶漬けのセットって贈答品に贈られることもおおいと聞きますので、
「送られてもうれしい」高級茶漬けも視野に入れてご紹介したいと思います。

さて、
お茶漬けと一口で言っても、
最近はその種類は膨大に増えています。

単純にご飯にお茶をかけて、そこに梅干しや漬物をのせて食べる基本形から、
魚介類をのせて食べるもの。
それどころか、
お湯をかけるだけの物とか、
出汁(だし)をかけるものまであり、
完全に「お茶」漬けとは言い難いものも多くなってきているのですが、
それらはすべて「お茶漬け」という総称で呼ばれています。

特に、
みなさんが良くご存じの永谷園のお茶漬けは、
それこそご飯の上にインスタントの具をかけて、
そこにお茶を入れると思っていたのですが、
よくよく作り方の説明書をみると「お湯をかける」とはっきり書いてあって衝撃を受けたことがあります。
(私は大人になってからそのことに気付きました・・・)

すなわち、
お茶漬けっていうのは江戸時代から存在するらしいのですが、
お茶漬けは当時のファーストフード、吉野家的な感じで「早い・安い・旨い」の人気の料理だったみたいです。

今回はそんなこんなもあって、
ご紹介するお茶漬けは「ご飯に具をのせて水・お湯・出汁・お茶をかける」物を総称してご紹介したいと思いますので、
その辺りをご理解いただきます。

まぁそんな堅いことは置いておいて、
美味しい簡単レトルトお茶漬けお取り寄せをご紹介いたします!


各テレビ番組で絶賛!牧島流鯵茶漬け

島田伸介さんの深イイ話を初め、
各テレビや雑誌でも取り上げられて大人気になった鯵茶漬け。

それから色々なところが同じ鯵茶漬けを販売していますがこちらが本家です。
1食290円で少し高めですが、
タレに付け込まれた鯵が冷凍パックで入っていて、解凍してご飯の上に乗せるだけでも高級料亭のお茶漬けになるわけですから、
今回は鯵だけに値段よりアジで選びました!(笑)

 

高級茶漬けの定番!鯛茶漬け

高級茶漬けの走りとなった鯛茶漬け。
京都の料亭なんかで食べると本当に美味しいんだけどインスタントは・・・っていう方もご安心ください。
こちらの鯛茶漬けは美味しさそのままの新鮮な鯛をタレ漬けにして冷凍。
お値段は1食350円しますが、それでも即ご家庭で高級料亭の味が楽しめます。
冷凍で6カ月もちますので保存食としても最適ですよ。

しかも!
こちらは「イカ茶漬け」もおまけで付いてくる!
これはいつまでの特典かわかりませんが特典があるうちにお求めください。

まぁそれがなくても充分美味しいですけどね。

 

具材丸ごと!高級茶漬けセット

 

ぐるぐるナインティナインで紹介されて芸人さんが絶賛していたお茶漬けセット。
鯛しかり、
河豚しかり、
お椀一杯に乗せた具の上にお茶を注ぐと香りがふわっと上がってきて何ともかぐわしい。
これが8種類のセットになっています。
贈答品なんかにも贈られても喜ばれるでしょうね。

 

名古屋名物!ひつまぶし茶漬け

 

ちょっと、
というよりかなりぜいたくなお茶漬け。
ウナギのひつまぶしとしても充分美味しいウナギのかば焼き(真空パックですが肉厚)に昆布だしの素が付いています。
ひつまぶしとして食べて、
そのあとコンブ出汁をかけてお茶漬けとしてサラサラッ。
本場で食べるひつまぶしさながらの味が楽しめます。
難点は1食810円とちょっと高いことと、日持ちしないこと。
1週間ほどで食べないといけないらしく保存食としては適していないようです。

ただ、もっとお安く日持ちもするものもありますのでそちらもご紹介します。
こちらは名古屋のお土産屋さんで定番商品。
1食250円ほど。
お安いうえに5カ月もちます。
保存食としても最適で、売れ筋商品なだけに味は間違いないですよ。

 

何とも贅沢な!ふぐ茶漬け

ふぐ茶漬けというとふぐの佃煮が入っているものは多いんですけどこちらは下関で採れた生のトラフグを使用。
味はピリ辛のたれにつけられているのですがサラサラっとしたお茶とピリ辛のトラフグの存在感がマッチしています。
さらにフグ独特のモチモチ感もそのままでそりゃもうぜいたくなお茶漬けですよ。
その代わりこちらも1食600円強
冷凍で30日はもつようです。

 

 

ネットショッピングが発達したおかげでお取り寄せグルメが発達し、
そのおかげで家で食べれるお茶漬けの具材の幅も大きく広がりました。
広がり過ぎてどれが良いのかわからなくなりがちなので、
美味しいと評判のものを厳選してご紹介してきました。
基本私もお試ししたものばかりですが、なにぶん生ものを冷凍しているだけに、
レビューを見ていると生臭かったりするものもある様です。
その辺りは外れを引いたのか個人の感性なのかちょっとはかりかねるところはありますが、
充分レビューを見るなどしてからご購入されるのがネットショッピングの鉄則です。

私も冬場の受験勉強の追い込みで時間のない時、
夜中にお茶漬けを毎日食べていた想い出が蘇ります。
あの時はこんな贅沢なお茶漬けなんて存在さえ知らなかったですけど、
本当にいい時代になったものだと思います。

以上、
川村でした。


※2016年11月3日加筆・修正

木, 12月 19 2013 » お取り寄せ, 通販

コメントを残す