ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

芯から温まる、極上の世界三大スープをご自宅にお取り寄せ

今週は仕事の関係で電車や新幹線など公共交通機関を利用することが多く、
こんな時に限ってよりによって寒波が訪れたり雪が降ったりと、
打ち震えながらの移動は体の芯から底冷えし体に堪えます。

食事時にはせめて、
暖かいところで温かいものを食べたいと思い、
うどん屋・ラーメン屋を探すのですが、
こんな時はやっぱりみんな考えることが同じなのですよね。

どの店も一杯で、
中に入るのも難しいくらいでしたが、
比較的空いてそうなお店を発見。

その店は第一希望のうどんやラーメンではなかったのですが、
タイ料理のお店ということで、
久しぶりに世界三大スープのトムヤムクンを注文。

あの独特な辛さと酸味で、
体の中から温まり、
温まりすぎて汗をかくほどの状態でお店を出ました。

 

トムヤムクン

それから、
外に出ても体がポカポカし、
この寒さの中何とか耐えることができたので、
さすが世界三大スープといわれるだけあるなぁと一人関心していました。

この時期、
温かいスープは体の芯から温まりますよね。

そこで今回は、
体の芯から温まる、
世界三大スープをご紹介させていただきますが、
世界三大スープをご自宅で作るとなるとなかなかの手間がかかると思いますので、
手軽にご自宅で楽しめるネット通販お取り寄せできるものをご紹介いたしますので、
皆さん最後まで楽しんでご覧になってくださいね!

 

世界三大スープとは

実は「世界三大スープ」といいながらも4種類のスープがあります。
・トムヤムクン
・ブイヤベース
・ボルシチ
・フカヒレスープ
このうち4種類すべてではなく、
3種類を組み合わせて世界三大スープというようです。

3種類にこだわらないなら、
私たち日本人としては、
もう少し数を増やして味噌汁も入れてほしいと思いますけれど、
もっとメジャーになれば、
あり得るかもしれませんよね。

それでは、
世界三大スープ4種類について、
簡単な説明を施しながら、
ネット通販でお取り寄せできる、
極上の世界三大スープをご紹介させていただきますよ!

 

極上の世界三大スープのお取り寄せ

■トムヤムクン

 

タイ料理の代表といえばこのトムヤムクン。
プリッキーヌー(タイの唐辛子)の強烈な辛味、
それとそれをマナオ(タイのライム)和らげる酸味と、
チリインオイルの旨みがそれぞれ強いながらも調和していて、
発汗作用を促し体の中からポカポカ温まります。
「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、「クン」はエビという意味でトムヤムクンと呼ぶそうです。

ネット通販でトムヤムクンは多数販売されていますが、
どれも粉末スープだけとかフリーズドライの具材が用意されているだけのものが多い中、
こちらでご紹介したトムヤムクンは具材もすべて冷凍で届きますので、
湯煎や電子レンジで温めるだけで楽しめるのでお勧めですよ。

 

■ブイヤベース

 

フランスのマルセイユ発祥の、
魚介類の旨みが凝縮された海鮮スープ。
サフランなどのハーブを使っているので、
海老やホタテなどの旨みを、
ハーブの香りが引き立ててくれて、
コクのあるスープとなります。

今回ご紹介したのは、
ホテルのシェフが作ったスープを具材もまとめて冷凍したものを直送してます。

簡単かつ、
本場の味が楽しめますよ。

 

■ボルシチ

 

ボルシチとはウクライナ発祥の伝統料理
それがロシアに伝わり今ではヨーロッパでも広く飲まれるメジャーなスープなのです。
時間をたっぷりかけて煮込んだ玉ねぎやジャガイモ、
そして甜菜の一つであるテーブルビートが旨みを引き立たせてくれます。
野菜の甘みを感じる優しい味わいのボルシチは、
寒い地域に住む人たちの体を芯から温めてくれます。

 

■フカヒレスープ

 

ふかひれスープは中華料理を代表するスープ
高級食材のサメのヒレ部分であるフカヒレを鶏ガラスープで煮込んだスープ。
トロットしたスープと、
ゼラチン質の柔らかいフカヒレはコラーゲンがたっぷりなので女性に大人気なのです。

しかも、
今回ご紹介するのは、
フカヒレスープといっても春雨のような糸状のフカヒレではなく、
フカヒレの塊と食材をたっぷり煮込んだ専門店の上湯スープがセットでお届けしてくれるので、
通も大満足のフカヒレスープがご自宅で楽しめますよ!

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

どれも体が温まりそうな、
寒い冬にはぴったりのスープばかりですよね。

内陸のウクライナ発祥のボルシチ以外は、
すべて魚介類が入った海の幸を使ったスープ。

海の恵みは昔から、
重宝されていたのですね。

 

 

以上、
川村でした。

金, 2月 10 2017 » お取り寄せ, 通販

コメントを残す