ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

通販で買えるオススメのおいしいご当地ご飯の友お取り寄せ

ここ最近、
お酒のネタばかりが続いていますので、
この辺で健康的に日本人ならではということでご飯の友をご紹介させていただきたいと思います。

当サイトではふりかけというカテゴリで、
人気の生ふりかけお取り寄せ通販ランキングをご紹介させていただいてますので、
何が違うんだ!と思われそうなので先に申しあげておきます。

フタバが製造販売するふりかけ「御飯の友」というものは、
大正時代に魚の骨を粉砕して味付けをしたものです。
(↓今でも購入できます↓)
御飯の友

 

現在ではそれがふりかけのルーツとして「全国ふりかけ協会」に認定されていて、
「御飯の友」は現在のふりかけのカテゴリに含まれることになります。

ただし、
今回私がご紹介差し上げようとしているご飯の友は、
ご飯の上にかけるだけで、
ご飯をおいしく食べられる「ご飯補助食品?」的なもの
ふりかけよりももっと幅広くご紹介させていただきたいと思います。

要するに、
ご飯がすすむアイテムっていうことでしょうか。

たとえば、昔からある桃屋の「ごはんですよ」とか、
ちょっと前に流行った「ご飯にかけるラー油」をイメージしていただければわかるかと思います。

そして、
そういったご飯の友はご当地の名産によって特色が出るもの。

伝統的なもので言うと、
沖縄の「肉みそ」とか、
富山の「ホタルイカの甘露煮」とかね。
昔はご当地でしか手に入らなかったものも、
ネット通販のおかげで何処でも注文すればご自宅に届く時代。

ちょっと前置きが長くなりましたが、
そんなネット通販でお取り寄せできるおいしいご当地ご飯をご紹介させていたきたいと思います。

 

北海道十勝:牛とろフレーク

日本テレビのヒルナンデスで紹介されてからというもの、
爆発的な人気となったこの牛とろフレーク。
このネット通販業界でよくあることなのですが、
人気が出すぎたために、
模倣業者が同じ様な商品を品質を下げて販売したり
期待しすぎた方をがっかりさせてしまったりで、
共倒れのように以前程の人気は無くなってしまいましたが、
この本家本元の牛とろフレークは本当においしいですよ。
しかも色々なアレンジ方法があって、
そのままご飯に振りかけるだけでもおいしいし、
少し手を加えてもよいので幅が広がります。

 

千葉県:うめぇ生姜

千葉県産の生姜(ショウガ)を細かく刻んで味付けしたご飯の友
隠し味や薬味で使われることがほとんどなので、
主役になることが今までなかった生姜。
この「うめぇ生姜」はまさに生姜自体がご飯の友で、生姜好きにはたまらない一品。
これもご飯にかけるだけでもおいしいですし、
アレンジしていろんな食べ方ができるのもうれしいところですよね。

この寒い時期にはぴったりの、
体が温まる生姜。

あったかいご飯にかけるとさらに身体が芯から温まりそうですねぇ。

 

沖縄県石垣島:辺銀食堂の石垣島ラー油

はじめは沖縄そばにかけたり餃子にかけたり、
調味料として使われることが多かったらしいのですが、
例の桃屋の「桃屋辛そうで辛くない少し辛いラー油」がご飯の友として人気を博し、
そのルーツがこの石垣島ラー油だったということからこの辺銀食堂の石垣島ラー油もご飯の友として愛されるようになりました。

これも先ほどの牛とろフレークと一緒で、
一気にブームが来たおかげで便乗メーカーが多数参入したことで以前程のブームではなくなっていますが、
本家本元は味が確かなので、
いまだに繁盛しております。

 

栃木県宇都宮市:ご飯にかける餃子

中華料理屋さんなんかで餃子定食を頼んで、
餃子にたれをつけ、それをご飯の上に乗せて一緒に食べますよね。
でもご飯と一緒に食べるなら餃子の具を覆っている皮が無くてもいいんじゃね?
って思うことってないですか?

私はたまたま餃子の皮が破けてしまって、
ご飯の上にタレ付きの餃子の具をのせて食べたときにそう思いました。

この商品が出たときに、
やっぱりみんな思ってたんだと思ってうれしくなりましたよ。

焼いたり、
たれを小皿に入れたりする必要は一切なく、
この瓶に入った「ご飯にかける餃子」をご飯の上に載せて食べるだけ

それで餃子定食になるわけですから、
今大変な人気の様です。

これもシンプルな商品なだけに、
いろんなアレンジをして楽しめるようなので、
セットで購入してもよいかもしれませんね。

 

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

今回ちょっと懐かし目の商品もご紹介させていただきましたが、
私が小さい時はこのご飯の友の類って、
桃屋の「ご飯ですよ」くらいだったんじゃないかと思いますね。

みていただいてお気づきになられたと思いますが、
今回ご紹介したのはすべてご当地限定のご飯のお供なんです。

各ご当地で愛されてきた味が、
こうやって全国で手軽に食べられるようになったというのも、
ネット通販の発達のおかげ。

便利な時代になったものですね。

以上、
川村でした。

お求めのご当地ご飯の友が見当たらなかった方は↓

グルメ(お取り寄せ) ブログランキングへ
↑もお得情報たくさんありますよ

金, 12月 12 2014 » お取り寄せ, 通販

コメントを残す