ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

BBQで是非持っていきたい!人気のお取り寄せホルモンtop5

自分が住んでいるところから1キロ圏内に、
大きな公園があって、
その公園では無料のバーベキュー場があります。

だけどそのバーベキュー場は駐車場が有料、
ということはバーベキューをするときには車が必ずいるわけだから、
結局お金は取られるんですよね。

自宅から1キロ圏内だから、
歩いていけないことは無いけど、
機材を色々運ぶには中途半端に疲れるので結局車で行くようにしています。

そして、
その通り道にお肉屋さんがあるんですけど、
狙ったかのようにバーベキュー用のお肉が売っていて、
特に人気なのはホルモンだとのこと。

BBQホルモン

確かに、
バーベキューの炭火で焼くホルモンって、
程良く脂も落ちて、
それでいてこんがり焼けた表面がカリッとして、
とても美味しいんですよね。

というわけで、
今回はこれからのバーベキューの季節、
是非持っていきたいホルモンの中でも、
超人気のお取り寄せホルモンをご紹介したいと思いますので、
皆さん最後まで楽しんでご覧になってくださいね。

バーベキューのホルモン

 

今さらながら・・・ホルモンとは

息巻いてご紹介する前に、
ホルモンっていうのは何を指すのか、
念のため確認しておきたいと思います。

 

■ホルモンとは

小腸や大腸など臓物肉全般を指します。

 

■ホルモンという名称の由来

関西弁の「ほるもの(捨てるもの)」からホルモンになったという説と、
ドイツ語の医学用語「ホルモン」という説があります。
どちらかは不明ですが前者の方が有力な説のようです。

 

■ホルモンに使われる動物の肉

ホルモンといえば牛肉が良く知られていますが、
近年のホルモン肉ブームによって色々な動物のホルモンが食べられるようになりました。

①牛肉・・・一番種類が多く一般的(19種類)。
②豚肉・・・ビタミンBが豊富で安価(16種類)。
③鶏・・・脂肪が少なく栄養価が高いが量は少ない(9種類)。
④ジビエ(鹿・猪など)・・・新鮮さが命で入手困難。高タンパク。

 

■ホルモンの種類

ホルモンは沢山の種類があって、
先ほどの動物の肉毎にそれぞれの種類があります。
①牛肉(19種類)+②豚肉(16種類)+③鶏肉(9種類)=44種類
これだけのホルモンをここでご紹介する気力も無いため、
ここではメジャーなホルモンをご紹介したいと思います。

1、タン・・・舌の部位。①牛・②豚。柔らかいがしっかりとした食感と旨みが人気。
2、レバー・・・肝臓。①牛・②豚・③鶏。鉄分が多く含まれている。
3、ハツ(ココロ)・・・心臓。①牛・②豚・③鶏。脂が少なくコリコリとした弾力と食感。
4、ミノ・・・第一胃。①牛のみ。とても硬いが噛むほどに味が出る。
5、センマイ・・・第三胃。①牛のみ。ヒダヒダが特徴。噛むほどに味がでる。
6、赤センマイ・・・第四胃。①牛のみ。脂の乗った肉で硬いが噛むほどに濃厚な味が出る。
7、ハラミ・・・横隔膜の外側の部分。①牛のみ。赤身に近い肉質で柔らかい。
8、シマチョウ(テッチャン)・・・大腸。①牛。適度な脂と噛みごたえ。噛むごとに出る旨みが特徴。
9、マルチョウ(ヒモ)・・・小腸。①牛のみ。柔らかく適度な脂。噛むごとに出る旨みが特徴。
10、ダイチョウ・・・大腸。②豚のみ。牛のシマチョウ(テッチャン)と同様。脂が多く噛みごたえがある。開かずぶつ切りにしたものを「シロコロ」と呼ぶ。
11、トントロ・・・首。②豚のみ。脂が多いがコリコリとした食感、口の中でとろける旨みが特徴。
12、エンガワ(豚ハラミ)・・・バラ肉と横隔膜の間。②豚のみ。赤身に近い肉質で柔らかい。牛のハラミに近い。
13、砂肝(砂ずり)・・・筋胃、鶏特有の器官。③鶏のみ。コリコリとした食感とざらざらとした特有の食感が特徴。
14、ポンジリ・・・尻尾。③鶏のみ。希少な部位。弾力があり脂ものっている。
ふぅ。

ホルモンの世界は奥が深いですね。

まぁ、
一通りこれくらい知っていればいいんじゃないかと思います。

詳しくは、
牛のホルモン
豚のホルモン
鶏のホルモン
をご参照ください。

 

バーベキューで是非持っていきたいお取り寄せホルモン

さてそれでは、
バーベキューで是非焼きたいネットでお取り寄せ可能な、
美味しいホルモンをご紹介いたしましょう!

 

■牛マルチョウ

 

9、マルチョウ」の部位です。
もつ鍋にも使われる部位で、脂が多くて噛むほどに出る旨みが美味しいですよね。
脂が多くて油断するとすぐ焦げるので焼き加減がポイントです。

 

■牛ハラミ

 

7、ハラミ」の中でも脂が乗った上ハラミで、
ちょっと高価ですが柔らかい肉質が人気です。

 

■牛ミノ

 

4、ミノ」の部位。
硬くて噛めば噛むほど味のでるミノは根強い人気ですね。
もともとのミノの味は淡白なので、
味付けと食べやすい切り込みがポイント。

今回ご紹介した牛ミノは比較的やわらかい上ミノ

 

■トントロ

 

11、トントロ」の中でもイベリコ豚を使用しているので、
柔らかい肉質が特徴。

 

■ポンジリ

 

14、ポンジリ」の部位。
希少な部位でこの価格は安い!
小さいですが弾力もあり脂も乗っていて食べごたえあり。
網の上でそのまま焼くと落ちてしまいますので串(鉄がいいです)に刺し、塩コショウを振って焼くと抜群においしいです。

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

もっともっとご紹介したいホルモンは沢山あるのですが、
バーベキューの炭火で焼くには一番間違いないホルモンのみご紹介しました。

一度お試しください。

 

 

以上、
川村でした。

日, 4月 24 2016 » お取り寄せ, バーベキュー食材, 通販

コメントを残す