ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

とりあえずハイボール!究極のハイボール用ウィスキー

居酒屋ではとりあえずビール!が定番で、
人数分の生ビールとおつまみの枝豆が出てくるというのは、
もう平成の時代の光景なのでしょうか。

最近は飲み会を開いても、
とりあえずビール!の人と、
とりあえずハイボール!っていう人も多くなってきました。

また、
とりあえずはビールでも、
そのあと2杯目以降はずっとハイボールっていう人も多くて、
そうなると消費量としてはハイボールの方が多いんじゃないかと思ってしまいます。

実際に、
ウィスキーの出荷量は増加していて、
2008年を底とすると、
まさに倍近くの増加になっています。

火付け役はもちろん、 サントリーの「角ハイボール」
そしてその後を追うようにちょっと安めの「トリスハイボール」。

その後、
「角ハイボール 濃いめ」
も大当たりし、
一大市場を築きました。

その後、
NHKドラマの「マッサン」でウィスキーづくりに携わる人たちのドラマが人気になったり、
追い風が続いたのも要因ですよね。

私も正直言って、
ウィスキーというのは苦手でした。

おじさんがスナックで、
水割りにして飲むという姿がイメージとしてあって、
ワイン、カクテル、チューハイなど甘いお酒の人気が出ていたこともあり、
飲みにくいお酒というイメージがあり敬遠する存在でしたね。

たぶん、
ウィスキー製造側としても、
その需要を見越して、
マーケティング戦略を甘く見ていたところもあったんじゃないでしょうか。

それに以前はハイボールというと、
ウィスキーのボトルを買って、
炭酸水も買って、
コップで混ぜて飲むというスタイルであったので、
まずウィスキーのボトルを買うというハードルと、
利用用途があまり一般的ではない炭酸水も用意するという、
二つのハードルがありました。

そりゃ、
ウィスキーのボトルを買うっていう人は、
もともとウィスキー好きな人ですからね。

さらに、
味もしない炭酸水を買うなんて人は、
それこそのんべぇの上級者のなせる業。

普通の人はそりゃコンビニで缶に入ったチューハイを買って、
プシュッと開けて飲むだけの方が楽だしいろんな味を楽しめるからそっちを買いますよね。

だけど、
「角ハイボール」が出てガラッと変わりました。

ウィスキーと炭酸水の絶妙な配分。
濃すぎず薄すぎず、
しかも炭酸で飲みやすい。

CMも雰囲気がよくおしゃれ。

イメージ戦略も功を奏したのではないでしょうか。

そして、
今となってはハイボールはビールに次ぐ、
居酒屋での主役といっても過言ではないお酒になってきています。

で、
そんなハイボールも最近は、
もっと安くて手軽に、
自分なりのウィスキーを選んで、
自分の好きな配分で飲みたいという人が増えてきました。

中には「ハイボール専用ウィスキー」や、
「ハイボール専用炭酸水」なんてものも出てきたりして、
なんだか便乗狙いまっしぐらになっていていますが、
それは今の消費者の動向にマッチした動きなのではないでしょうか。

さて、
前置きがとんでもなく長くなりましたが、
今回は究極のハイボールを作るべく、
ハイボールに適したウィスキーと炭酸水をご紹介させていただきますので、
ハイボール好きな皆さんにご参考にしていただければと思います。

 

ハイボールの黄金比

ハイボールを作る際、
ウィスキーと炭酸水の最適な配分は人それぞれだと思います。
しかしながら、
一番ウィスキーの味が際立つ黄金比がありますので、
ご参考になればと思います。

ウィスキー40ml:炭酸水120ml(1:3)
氷の量や、
好みによって調整すればよいと思いますが、
あの角ハイボールの比率が上記の配分なので、
この比率が黄金比率といえるのではないでしょうか。

 

究極のハイボール用ウィスキー

■サントリー角

 

もちろん、
最初にご紹介するのは角ハイボールに使われている「サントリー角」。
今回ご紹介したのは5Lサイズなので、
黄金比率でハイボールを作った場合、
125杯分作れます。

 

■トリス クラシック

 

こちらもトリスハイボールでおなじみの、
トリス クラシックです。
ご紹介したのは4Lサイズの為100杯分作れます。

サントリー角より若干コスパ高いです。

■I.W.HAPPER

 

バーボンも良いですよ。
ウィスキーにはないバニラのような甘みが特徴で、
炭酸とよく合います。

 

■ウィルキンソン 炭酸水3種

 

味のないノーマルな炭酸水から、
レモン味、グレープフルーツ味の3種類を選べます。

炭酸水の味わ変わると、
ウィスキーの味も違ってきますので、
色々試せるのも良いと思いますよ。

ウィルキンソンは強炭酸が売りなので、
時間がたってもシュワシュワ感が持続します。

 

■amazon限定ブランド炭酸水


アマゾンで最安値59円/本
大分県 阿蘇くじゅう連山由来の水を使った炭酸水です。
ただ、
ペットボトル臭というのか、
独特なにおいがするのでハイボール以外には向かないです。

 
 
以上、
ウィスキーと炭酸水をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

一番楽なのはスーパーやコンビニで缶のハイボールを買うのが良いのですが、
このように自分で材料を買って作ってみると、
いろんなバリエーションや味で自分好みが見つかるかもしれませんよ。

 
 
以上、
川村でした。

日, 2月 16 2020 » 通販,

コメントを残す