ネットでショッピングは本当にお得か?

無料のものは貰いましょう!~ネットでショッピングの極意~

そのままでも食べたくなる程の絶品ピーナツバター

体によくないといわれて敬遠されていた食べ物が、
いつの間にか体に良いとメディアに報じられるや否や、
売り切れ続出で入手さえ困難になる、
なんてことがたまにあります。

今回ご紹介するピーナツも、
そんないわれのない罪をかぶされていたものの、
今では汚名をすすぐことができた食べ物の一つではないでしょうか。

一時期はアーモンドが、
美容やダイエットにも良く栄養価も高いと騒がれていましたが、
いかんせん高い。

それとは対照的に、
似たような豆類のピーナツはなぜか太るとか、
ニキビができるとかマイナスイメージばかりが先行していまいち敬遠されていたピーナツですが、
ここ最近は美容と健康に良い食べ物として注目され始めているようです。

そこで今回は、
そんなピーナツの魅力と、
ピーナツのおいしさをふんだんに引き立ててくれるピーナツバターをご紹介させていただきますので、
最後まで楽しんでご覧になってくださいね!

 

栄養価の高いピーナッツの魅力とは

ピーナツが「太る」食べ物として一時期敬遠されていた要因は、
ピーナツの半分が脂肪でできているからです。
しかしながらピーナッツに含まれる脂肪はオレイン酸・リノール酸で、
どれも生活習慣病を予防する効果のある植物性脂肪。

しかも、
アーモンドと同様ビタミンEが多く含まれているので、
強い抗酸化作用が期待できます。

それと、
お酒好きには天敵の二日酔いにも効果的。
なぜならナイアシンと呼ばれるビタミンB3は、
二日酔いの原因になる毒性物質「アセトアルデヒド」を分解してくれる作用があります。

お酒のお供にピーナツというのは、
とても理にかなった食べ合わせなのですね!

しかも、
ピーナツバターは満腹感を持続させる効果もあるといわれており、
間食防止になるのでダイエット効果も期待できるというわけなのです。

 

ピーナツバターの種類

ピーナツバターと一言で言っても、
いくつか種類があります。

①甘味ピーナツバター
日本ではピーナツバターというと甘いタイプが主流です。
砂糖が入っていて甘く調味されています。

②塩味ピーナッツバター
本場アメリカではピーナツバターというと甘くない塩味ピーナッツバターが主流です。
あっさりとしていてピーナッツ本来の甘味が引き立つよう塩を含んでいますが、
決して塩辛いわけではありません。

③チャンクピーナツバター
ピーナツを砕いた粒が残っているピーナツバターがチャンクタイプです。
ピーナツの食感と香ばしい味わいが楽しめるのが特徴です。

④クリームピーナツバター
ピーナツを完全にペーストして、
クリーム状にしたピーナツバターがクリームタイプです。
ふんわりとした食感と優しい味わいが楽しめるのが特徴です。
スムースタイプとも言います。

⑤ピーナツクリーム
子供のころによく食べたものはこちらではないでしょうか。
ピーナツバターは単純に砕いたピーナツと砂糖と食塩を混ぜて作られていて、
アメリカ食品医薬品局では原材料の90%がピーナツであることと定義されておりますが、
ピーナツクリームは水あめや植物油脂などでかなり甘く調味されています。

 

絶品ピーナツバターの通販

それでは、
そんな美容と健康に良いピーナッツバターの中でも、
そのままでも食べたくなる絶品のピーナツバターをご紹介させていただきますよ!

■スキッピーピーナツバター

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【業務用】スキッピー(ピーナツバター)≪340g≫[HMY]
価格:699円(税込、送料別) (2020/2/11時点)




楽天で購入
 

 

こちらは定番のピーナツバターで一番人気です。
あっさりしすぎずあ甘すぎず味付けもほどよいのが万人受けする理由でしょう。
私はチャンクタイプがおすすめですが、
↓クリームタイプのクリーミーなピーナツバターも取り扱っていて、どちらも美味しいので好みの問題でしょう↓
skippy ピーナツバター(クリーミー)

■ダイショウ ピーナッツバター

 

こちらは適度にホイップされてふんわりとしています。
口当たりも良いので子供でも食べやすいですね。
こちらもチャンクタイプと、
↓クリームタイプがあります。
ダイショウ ピーナッツバタークリーミー 225g×12個セット 【送料無料】

■ホールアース オーガニックピーナツバター

 

イギリスで生まれた有機栽培のピーナツのみを使ったピーナツバターです。
合成保存料を使用せず、ピーナツの本来の甘さとコクが引き立つのが特徴です。

■ピックス ピーナッツバター

 

ニュージーランドで大人気のピーナツバター。
砂糖は一切使用していないから、
糖分を気にされている方にお勧め。
ご紹介したのはクリームタイプですが、
粒粒が入ったクランチタイプもあります。
Pic’s Peanut Butter ピックスピーナッツバター あらびきクランチ 195g

■アリサンピーナツバター

 

アメリカ産のピーナツバターです。
こちらもピックスと同様無糖タイプですが、
塩も含まれておらず完全に素材の味を楽しめます。
なのにピーナツ本来のほのかな甘みが楽しめます。

■ソントン ピーナツクリーム

 

ピーナツバターではなく、
⑤ピーナツクリームのカテゴリになります。
とっても甘くて子供には大人気なので、
やっぱり慣れ親しんだ味はこれだという方は多いでしょうね。

ただ、
水あめ、砂糖、ピーナッツバター、植物油脂、ぶどう糖、乳蛋白、寒天、食塩、香料、酸味料、増粘多糖類 など色々入っていますw

 

 

以上、
いかがでしたでしょうか。

改めてピーナツバターといっても色々な種類がありますよね。

実は子供のころは、
最後にご紹介したソントンのピーナツクリームがピーナツバターだと思っていたので、
スキッピーのチャンクタイプのピーナツバターを食べたときは「なんじゃこりゃ」と思いましたけどね。

でも今は大好きですよ。

さらに美容と健康に良いといわれれば、
これからもっと食べてみたくなりますよね。

 

 

以上、
川村でした。

火, 2月 11 2020 » 通販

コメントを残す